下町エリアと聞くと、和スイーツのイメージがありませんか?

意外にも、パフェのお店は結構あるんです。

その中でも、絶品フルーツが味わえるスイーツの名店を2件、ご紹介します。

フルーツパーラーゴトー

浅草花やしきの近く、ひさご通り商店街の中に、行列のできるお店があります。

お店の名は、フルーツパーラーゴトー。店内に入ると、ショーケースのフルーツが目に入ります。

コンクリート打ちっぱなしの壁が額縁の役目をしているようで、色とりどりのフルーツがとっても鮮やかに映えます。

お店は1946年に青果店としてスタートしていて、大田市場や産地から仕入れた旬のフルーツをふんだんに使ったパフェが味わえます。

フルーツパーラーゴトー パフェ
出典:tabelog.com

迷ったら、その日おすすめのフルーツが7種類入った「本日のフルーツパフェ」をオーダーしましょう。

毎日変わる「本日のおすすめメニュー」は、お店のInstagramでもチェックできます。

先に見て、どのパフェにしようか考えながらお店を訪れるのも、いいかもしれませんね。

向かいには、浅草九劇という劇場があり、出演している役者さんが訪れることもあるそうですよ。

所在地:東京都台東区浅草2-15-4
営業時間:11:00~19:00

フルーフ・デゥ・セゾン

東京メトロ銀座線の末広町駅から2分ほど、秋葉原の電気街が近いとは思えないほど閑静な通りにたたずむ、フルーフ・デゥ・セゾン。

お店の近くにはかつて神田青果市場があったことから、この場所に開業をしたそうです。

グリーンに囲まれた外観の入口から店中に入り、少し急な階段を上がります。

2階は広々とした客席で、ゆっくりと寛ぐことができる雰囲気です。

オーナーが厳選して仕入れた市場直送のフルーツは、オーダーの後にカットされた瑞々しいもの。旬の甘さを存分に味わいましょう。

フルーフ・デゥ・セゾン パフェ
出典:tabelog.com

人気は、季節ごとに変わるフルーツ、生クリーム、季節のシャーベットを使ったフルーツパフェ。

やや低めで横幅のあるパフェグラスのフォルムが何とも愛らしく、こぼれそうに盛られたフルーツに思わず笑みがこぼれます。

季節によって変わるパフェは、HP、Twitter、Instagramでも確認ができますので、ぜひチェックしてくださいね。

所在地:東京都千代田区外神田4-11-2
営業時間:月・火・金10:00~17:00、土・日・祝日11:30~18:00

0